So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大阪でコンビニ強盗相次ぐ(産経新聞)

 15日未明から早朝にかけて、大阪府大東市と大阪市住吉区でコンビニ強盗が相次いだ。

 午前2時前、大東市の「サンクス大東大野店」で、客を装った男がカウンター越しに男性店員(49)に刃物を突きつけ、2万1千円を奪って逃走した。店員にけがはなかった。

 四條畷署は強盗事件として捜査。約850メートル離れた東大阪市内のコンビニでも今月8日、約7万円が奪われる強盗事件が発生しており、関連を調べている。

 同署によると、男は身長約175センチ。ニット帽と黒っぽいジャンパー、灰色のズボンを着用していた。

 午前4時半ごろには、住吉区の「ファミリーマート長居四丁目店」で、カッターナイフを持って金を要求した鉄筋工の少年(18)が男性店員(40)に取り押さえられ、住吉署員に強盗未遂の疑いで現行犯逮捕された。

対日協調 米は優先 共同声明 普天間を封印(産経新聞)
センター試験開始14分前に「解答始め!」(産経新聞)
<大雪>夜行列車12本運休 JR東日本(毎日新聞)
23日に奈良で若草山焼き 平城遷都1300年祭記念で花火3倍に(産経新聞)
<土地購入事件>鳩山内閣の閣僚から苦しい発言続く(毎日新聞)

産業ガス団体を公取委立ち入り カルテル疑い(産経新聞)

 アセチレンや窒素などの産業ガスをめぐり、メーカー十数社がカルテルを結んでいた疑いで公正取引委員会の立ち入り検査を受けた問題で、公取委は20日、新たに社団法人日本産業・医療ガス協会(東京都港区)の本部や関東、近畿、九州の地域本部の計約4カ所を含む計約30カ所を独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、立ち入り検査した。

 日本産業・医療ガス協会は産業ガスを扱う業者の団体で、会長は19日に公取委の立ち入り検査を受けた大陽日酸の会長が務めている。

 またこれまでに立ち入り検査を受けたことが明らかになっていた会社のほかに、昭和電工(東京都港区)やサンテック(大阪市西区)が公取委の立ち入り検査を受けていたことが関係者への取材で新たに分かった。

「40人学級」見直しへ=小中の標準引き下げ議論−文科省(時事通信)
小沢氏発言に疑問…4億円は自己資金?預金は?(読売新聞)
「11年度改定も検討を」―全日病・賀詞交歓会で西澤会長(医療介護CBニュース)
センター試験開始14分前に「解答始め!」(産経新聞)
バンクーバー五輪 にぎわうリンク 早くも祭典ムード(毎日新聞)

自民党 青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)は18日、松江市で記者会見し、夏の参院選島根選挙区から5選を目指して立候補する意向を表明した。同党は参院選比例代表候補の「70歳定年」を定めるが、選挙区に定年はなく、執行部は近く青木氏を公認する。ただ、党内では衆院選の敗北を機に世代交代を求める声が出ており、山崎拓前副総裁(73)ら、比例代表で公認問題の決着が長引けば、党執行部批判が強まる可能性もある。【中田卓二、細谷拓海】

 青木氏の立候補は既定路線だったが、これまで進退を明らかにしていなかった。この日、党島根県連の選対委員会の推薦を受けて表明したのは、立候補に批判的な河野太郎国際局長らの世代交代論をかわす思惑もあるとみられている。

 会見で青木氏は「選挙区には70歳定年制はない。島根県は高齢県なので、私が第一線の中央政界で活躍すると、たくさんのお年寄りにも勇気をもたらすことになる」と高齢批判に反論した。自民党は07年に島根選挙区で議席を失っており、「どんなことがあってもこの1議席を守る」と決意を語った。

 青木氏は故竹下登元首相の秘書から島根県議を経て86年参院選で初当選。官房長官、党参院幹事長、党参院議員会長などを歴任し、与党時代には「参院のドン」と呼ばれた。

 青木氏を公認する一方で執行部は、衆院選で敗れた山崎氏や保岡興治元法相(70)の参院選比例代表へのくら替えは認めない方針だ。山崎氏が求めていた18日までに結論は出せず、宙に浮いた状態が続いている。

 青木氏と近く、比例代表での立候補に意欲を示す片山虎之助元総務相(74)の処遇も焦点だ。片山氏を70歳定年制の例外として比例代表で公認すれば、山崎氏との違いは説明しにくくなる。このため妥協策として片山氏に地元・岡山選挙区で再挑戦を促す案も浮上するが、同氏は比例代表にこだわる姿勢を変えていない。

 煮え切らない谷垣禎一総裁に対し小泉純一郎元首相は12日、「困ったときは原則に返れ。はっと目が覚めるような例外なら例外もあるだろう」と助言した。執行部は24日の党大会までに公認問題を決着させる考えだ。

【関連ニュース】
自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める
参院選:山崎氏、参院選出馬の意思固く 自民執行部に苦悩
選挙:参院選 山崎拓氏らベテラン「出たい」 自民執行部、対応に苦慮
選挙:参院選 民主・広中氏くら替え 比例代表で立候補 /千葉
選挙:参院選 自民・中村氏、比例立候補へ 選挙区くら替え断念 /徳島

平泉と小笠原諸島、世界遺産推薦を決定…政府(読売新聞)
駐車場で巻き込み→蛇行し塀に衝突→女性死亡(読売新聞)
「報道統制」の声 民主「検察リーク好ましくない」(産経新聞)
「待ち伏せし暗証番号聞いた」=ATMの男が供述−千葉大生殺害放火(時事通信)
米車対象外のエコカー支援、国務長官が懸念(読売新聞)

<裁判員裁判>どう判断? 殺人否認の被告(毎日新聞)

 静岡地裁(原田保孝裁判長)は18日、スナックの女性経営者を刺殺したとして殺人罪に問われた静岡市葵区本通10、無職、小田義雄被告(60)の裁判員裁判を3月9〜18日の間の7日間とすることを決めた。小田被告は起訴内容を全面否認して無罪を主張している。

 起訴状によると小田被告は09年5月6日、同区新富町3、スナック経営、平本広子さん(当時61歳)方に侵入、胸や背中などをドライバーで数十回刺して殺害したとされる。

 弁護人によると小田被告は「やっていない」と起訴内容を一貫して否認しているという。

 3月9日に裁判員と補充裁判員の選任手続きと初公判を予定。16日の論告求刑までに証人5人の尋問や被告人質問などを実施し、18日午後3時から判決が言い渡される。【山田毅】

【関連ニュース】
最高裁:「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
耳かきエステ店員殺害:29日に公判前整理手続き
量刑検索システム:誤入力新たに19件 10件が判決主文
裁判員制度:対象事件で1212人起訴

<強盗>目出し帽の男が郵便局から500万円 東京・江戸川(毎日新聞)
<火災>東京の西新橋で13棟が燃える けが人はなし(毎日新聞)
羽田空港 管制に障害 欠航や遅れ 成田と一元化の初日(毎日新聞)
逮捕は当然=共産の市田氏(時事通信)
小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)

ハイチで医療援助へ、陸自110人出発=成田(時事通信)

 ハイチ地震被災者の医療援助に当たるため、医官や看護師を含む陸上自衛隊員約110人が21日夜、成田空港から日航チャーター機で出発した。
 一行は陸自中央即応集団と第13旅団の隊員で、米マイアミで空自C130輸送機に乗り継ぎ現地入りする予定。レオガン市にある大学の看護学部で活動する。活動期間は未定。
 隊長を務める白川誠1等陸佐(48)は出発前、「真心のこもった支援をしたい。少しでもハイチの人々の役に立ちたい」と意気込みを語った。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

<共産党大会>志位委員長ら再任へ(毎日新聞)
「辞任の声出ないの不思議」麻生前首相が民主批判(読売新聞)
<加湿器>中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)
最高裁 「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)
外国人参政権「絶対反対」=永住するなら国籍取得を−石原都知事(時事通信)

<資金提供>「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、04年に石川知裕容疑者に5000万円を渡したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)元幹部が「提供資金は後で元請けから補てんされた」と東京地検特捜部に説明していることが分かった。国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)を受注した元請けの大手ゼネコンが、工事費に同額分を上乗せし下請けの水谷建設に支払ったという。

 元幹部が「資金提供分の補てんが約束されていた」と説明していることは既に判明していたが、新たな証言により巧妙な穴埋めシステムが存在していた疑惑が浮かんだ。

 関係者によると、水谷建設元幹部は03年ごろ、東北地方の談合の仕切り役とされた鹿島東北支店幹部(当時)から「小沢事務所にあいさつに行ったほうがいい」とアドバイスされ、大久保隆規容疑者と面会。その後、大久保秘書の要請に基づき、04年10月に東京都内のホテルで石川議員に5000万円を渡したと特捜部に説明したとされる。

 5000万円は、鹿島など3社の共同企業体が落札した胆沢ダム「堤体盛立工事」を水谷建設が下請け受注した謝礼とされ、元幹部は特捜部に「元請けの大手ゼネコンが後で補てんしてくれた」と説明。元請けは工事費を約5000万円水増しして水谷建設に下請け発注し、提供資金分を穴埋めするシステムだったという。

【関連ニュース】
虚偽記載容疑:3人の拘置決定 「陸山会」の土地購入巡り
石川衆院議員:規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載
陸山会土地取引:小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
陸山会会計処理:石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書

党首討論開催、与党判断に委ねる…官房長官(読売新聞)
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見−最高裁(時事通信)
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封(産経新聞)
雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設(産経新聞)
<連れ去り>車内の乳児、5分後に屋外で保護 名古屋(毎日新聞)

世界遺産 政府が平泉と小笠原諸島の推薦を決定(毎日新聞)

 政府は18日、世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き、中尊寺など平泉の文化遺産(岩手県平泉町)を世界文化遺産に、小笠原諸島(東京都)を世界自然遺産に推薦することなどを正式に決定した。昨年9月に連絡会議が決定した暫定推薦書を専門家らが検討し、正式な推薦書が決定された。2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出する。

【写真特集】光り輝く中尊寺金色堂の内部をさまざまな角度からみる…08年「落選」の背景も

 今年夏から秋ごろ、平泉については国際記念物遺跡会議(イコモス)、小笠原諸島については国際自然保護連合(IUCN)による現地調査が行われ、11年夏の世界遺産委員会で登録の可否が審議される。

 平泉は08年に国内候補地で初めて「落選」となる登録延期となったが、前回の構成資産九つのうち一関市の遺跡など3カ所を除外して絞り込み、再度の挑戦となる。

 また、連絡会議では、世界文化遺産の石見銀山遺跡(島根県)の範囲について軽微な変更を行う申請書をユネスコに提出することも決めた。07年の世界遺産登録の際、イコモスが景観の一体性に基づき勧告した範囲の拡大などに沿い、文化財に指定する作業が終了したことを受けたもの。【本橋和夫】

【関連ニュース】
【写真特集】小笠原諸島 美しい海と自然、日本返還の貴重な写真も
【写真特集】小笠原の動植物をみる 島にしかいない貴重なものも…
【写真特集】日本の世界遺産をみる
【写真特集】軍艦島:近代化支えた海上都市 世界遺産めざし整備

生活習慣病領域でOD錠が増加(医療介護CBニュース)
ゼネコンと密接関係=「裏献金」疑いも浮上−小沢事務所(時事通信)
<皇太子ご夫妻>神戸入り 震災追悼式典に出席のため(毎日新聞)
「不用品片づけます」で高額請求  警視庁、無許可ごみ収集業者8人逮捕(産経新聞)
<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)

<最高裁>「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)

 15日付で最高裁判事に就任した前東京高裁長官の白木勇(ゆう)氏(64)が最高裁で会見し「公平、誠実を旨として気力、体力を振り絞って職責を果たしたい」と抱負を語った。

 約40年の裁判官生活では、主に刑事裁判を担当してきた。「裁判長になって裁判をすることへのおそれを強く抱くようになった。今後も同じ気持ちを持ち続ける」と語った。

 裁判員制度については「順調に船出できたが今後、本格的な否認事件や複雑な事件の裁判が始まる。真価が問われるのはこれから」と述べた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
耳かきエステ店員殺害:29日に公判前整理手続き
量刑検索システム:誤入力新たに19件 10件が判決主文
裁判員制度:対象事件で1212人起訴
東京地裁:民事訴訟最多4万4千件 過払い金請求が急増

<TBS>不適切取材 車に無断で発信機も(毎日新聞)
<ハイチ大地震>日本政府、500万ドルの緊急無償資金協力(毎日新聞)
「バチスタの栄光」海堂さん、ブログで賠償命令(読売新聞)
総務相「関係者」発言、民放連会長が疑問視(読売新聞)
<八ッ場ダム>地元意見交換会、24日に開催…国交相発表(毎日新聞)

<共産党大会>志位委員長を再任 市田書記局長も(毎日新聞)

 共産党の第25回党大会は16日、静岡県熱海市の党施設で最終日の会合を開き、志位和夫委員長(55)と市田忠義書記局長(67)の再任を決めた。同日採択した大会決議は(1)農業に甚大な打撃を与える日米FTA(自由貿易協定)反対(2)林業再生(3)漁業・漁村振興−−を明記し、夏の参院選に向けて保守地盤にも支持を広げる姿勢を鮮明にした。

 大会では参院選の目標を「比例代表は650万票以上で5議席、東京選挙区で議席確保」と設定した。だが、志位氏が00年に委員長就任後、同党は国政選挙で一度も議席を増やしたことがなく、参院選は党の生き残りをかけた正念場となる。志位氏は記者会見で「自民党の解体状況が生まれ、民主党政権も期待を裏切りつつある。頑張り抜けば(目標達成は)可能だ」と強調した。

 人事では不破哲三前議長(79)が常任幹部会委員に留任する一方、准中央委員を06年の前回大会の14人から35人に増やし、平均年齢を53歳から40歳に引き下げて世代交代にも着手した。【中田卓二】

【関連ニュース】
共産党大会:志位委員長ら再任へ
志位委員長:オバマ大統領に会いたい 党大会でラブコール
共産党:党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ
共産党:旗開き 「参院選で躍進しよう」…志位委員長
共産党:政権を批判 党大会、参院選控え独自色

在宅酸素療法中の火災27件=26人死亡、半数超は喫煙原因−厚労省(時事通信)
【剛腕の威光 小沢氏側近逮捕】(2)「ただの召し使い」(産経新聞)
<原爆ドーム>被爆前の姿再現 日米の映像チームが共同作業(毎日新聞)
<内閣法制局長官>政府特別補佐人から外れる(毎日新聞)
「小沢氏は説明責任果たせ」自民大島幹事長(産経新聞)

<教え子性的暴行>フィギュア元コーチに懲役7年判決(毎日新聞)

 フィギュアスケートクラブの教え子の女子中学生に性的暴行をしたとして、強姦(ごうかん)致傷罪に問われた名古屋市瑞穂区の元コーチ、酒井康資被告(58)に対し、名古屋地裁の佐々木一夫裁判長は21日、「犯行は卑劣かつ身勝手で酌量の余地はない」として懲役7年(求刑・懲役8年)を言い渡した。弁護側は控訴する方針。

 性的暴行について酒井被告は無罪を主張。目撃証言などの直接証拠がなく、被害女性の供述の信用性が争点となった。判決は被害女性の供述について「具体的で迫真性に富み、不自然な点は見られない」と信用性を認めた。

 酒井被告は捜査段階で容疑を認めたが、起訴後、否認に転じた。公判前整理手続きの段階で弁護側は「自白を迫る違法な取り調べが行われ、任意性がない」と主張し、検察側は酒井被告の供述調書について撤回していた。判決は無罪を主張する酒井被告の公判供述について「信用できず、強弁でしかない」と述べた。

 判決によると酒井被告は08年4月、自宅に泊めた当時13歳の中学生の教え子が寝ている部屋に侵入し「大きい声を出したらスケートをやめさせるぞ」と脅して乱暴しようとし、軽傷を負わせた。【式守克史】

【関連ニュース】
痴漢:愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血
催涙スプレー:大手前大学で30人症状 学生数人がまく
児童買春容疑:護衛艦乗組員の海曹長逮捕 神奈川県警
千葉大生殺害:別の強盗傷害容疑などで無職の男を再逮捕

名護市長選 新人と現職が立候補 普天間移設にも影響(毎日新聞)
<センター試験>監督者のミス 信州大の14分早く始めた試験(毎日新聞)
首相動静(1月14日)(時事通信)
<訃報>笹野舟橋さん87歳=書家、毎日書道展名誉会員(毎日新聞)
疑惑晴らすため説明を=小沢氏周辺の土地取引問題で−農水相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。