So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<ひき逃げ>路上で新聞販売店従業員が死亡 埼玉・飯能(毎日新聞)

 5日午前4時45分ごろ、埼玉県飯能市小瀬戸の県道に「バイクと男性が倒れている」と男性から110番があった。県警飯能署員が駆けつけると、同市双柳、東京新聞販売店従業員、長屋良一さん(56)が路上に倒れ、十数メートル手前には原付きバイクと散乱した新聞があった。長屋さんは胸を強く打っており病院で死亡が確認された。同署はひき逃げ事件として捜査している。

 同署によると、現場にはバイク以外の部品が落ちていた。現場は片側1車線のなだらかな下りの直線道路。【飼手勇介】

【関連ニュース】
沖縄ひき逃げ:米兵を書類送検…運転過失致死容疑
ひき逃げ:遺体の身元判明 北海道美唄
路上遺体:はねられて25キロ引きずりか 北海道美唄市
引きずり跡:ひき逃げ?の跡…15キロ先に遺体 北海道
ひき逃げ:津市で90歳女性死亡 愛知の学生を容疑で逮捕

e0xu3te0のブログ
幻の木
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化

1300人 華競演 池坊「初生け式」(産経新聞)

 華道家元・池坊の恒例行事「新春初生け式」が5日、京都市中京区の家元道場などで行われ、全国、海外から集まった10〜93歳の門弟約1300人が、今年1年の精進と技術向上を誓い、色とりどりの花を生けた。

 稽古(けいこ)始めの意味も含め、室町時代から受け継がれる行事。冬の朝の張りつめた空気の中、道場では家元の池坊専永さん(76)らの指導のもと、あでやかな振り袖姿の女性らが花ばさみの音を響かせ、正月らしい松竹梅やツバキ、南天などで作品を完成させた。

 その後、家元も「美しく清らかに」と題し、アカヤナギやシラタマツバキなどを使って初生けを披露。最年少の小学5年、角谷紗良(かどや・さら)さん(10)=滋賀県守山市=は「初めての参加で、ちょっと緊張しました。今年も頑張りたい」と話していた。

i40pnlphのブログ
悩む漁師のぶろぐ
債務整理・自己破産
即日現金化
カードでお金

シー・シェパード対策 法整備先送り…対抗策は“手詰まり”(産経新聞)

 米環境保護団体シー・シェパード(SS)の調査捕鯨妨害は、昨年に続き、捕鯨船の衝突事故にまでエスカレートした。暴力的な行為を繰り返しながら、公海上の行為のため取り締まりを受けないSS活動家。逮捕を可能にする法整備は昨年、日本政府内で検討されたが、結論が先延ばしにされた結果、再び同じことが繰り返された。

 日本側は一昨年、日本の捕鯨船に乗り込んできたSS活動家を逮捕する方針を表明したが、SS側はそれ以降、乗り込み行為をストップ。現行法制では、公海上で他国船籍のSS船の中まで乗り込んでいって逮捕することはできないため、対抗策は手詰まり状態だ。

 海賊対処法の対象にして、公海上でもソマリア沖の海賊同様に取り締まれるようにすることも検討された。だが、政府は昨年3月、「SSを海賊とは解釈できない」とする外務省などの慎重論を採用し、法的対策を先送りにした。

 今シーズンの調査捕鯨までには対策の「成案を得る」として、SS逮捕を可能にする新法案骨子も作成されたが、政権交代後の民主党政権はたなざらしに。結局、捕鯨船団は法的対策のないまま出航を余儀なくされた。

 一方、その間にSSは、高額所得者らの寄付を集め、2隻の新抗議船を加えた。衝突したアディ・ギル号はそのうちの1隻で、ホームページや豪紙などによると、製作費1500万ドル(約1億3800万円)、最高時速50ノット(約93キロ)の最新高速船という。

 法整備の遅れを尻目に、強化されるSSの妨害装備。政権交代前まで農水相を務めた自民党の石破茂政調会長は「SSは海賊と同じだと考えられる。公海上でも取り締まれるようにすべきだ」と強調した。

【関連記事】
豪、日本政府を非難 “偵察機チャーター”で 
巨額献金で捕鯨抗議船導入 シー・シェパード
シー・シェパードの捕鯨抗議船 日本の監視船と衝突
「シーシェパード」が異臭放つ薬品ボール 南極海で調査捕鯨団妨害
Sシェパード、捕鯨監視船にまた妨害活動

よしおのブログ
gyanのブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 還元率

高速利用、年始に集中=上限1000円の適用限定で−道路各社(時事通信)

 東日本、中日本、西日本と本州四国連絡の高速道路各社は6日、年末年始(12月26日〜1月5日)の交通状況を発表した。期間中、普通車以下の料金を上限1000円とする割引の適用日が1月1〜5日に限定されたことから、利用は年始に集中。ピーク時の長さが10キロ以上となった渋滞の発生回数も、年末は前年より36%減った一方、年始は58%増えた。
 期間中の平均交通量は、前年同期比で6%増。上限1000円が適用される1日以降に帰省した利用者も多かったとみられ、年末は3%増にとどまり、年始は10%増となった。昨年のゴールデンウイーク(20%増)やお盆(14%増)に比べると低い伸び率で、上限1000円の年始限定のほか、休日の並びや天候なども影響したようだ。 

【関連ニュース】
【動画】アクアライン探検隊、出動!
年末年始の交通・冬山情報〜東名、九州道で45キロ渋滞も〜
北日本中心に暴風、大雪=東北に低気圧、交通に影響-6日も続く見込み・気象庁
日本海側中心に暴風、大雪=東北に低気圧、交通に影響
初詣での観光バスが事故、33人けが=中央分離帯に衝突

懸賞生活
Phillisのブログ
クレジットカード現金化 即日
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

<阿久根市長>仕事始め式で「私のやり方加速する」(毎日新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は4日の仕事始め式で、「今年はもっと私のやり方を加速する。命令に従わない職員は辞めてもらう」とあいさつ。1日付の定期昇給を凍結したことに関し「給料が上がらないのは不当だと訴訟を起こすような職員はいらない」とも発言し、凍結を不満としている市職員労働組合などを強くけん制した。

 竹原市長は昨年末、職員の懲戒処分などを協議する「市賞罰審査委員会」の召集権者を自らにするよう規定を改定。また、委員だった課長4人を更迭し、「竹原派」とされる市議ら4人を選任し、職員の懲戒への影響力を強めたばかり。年頭発言について、ある職員は「いつ自分が賞罰委員会にかけられるんじゃないかと、みんな委縮してしまっている。仕事ができる環境ではない」と批判している。

 竹原市長は1日付のブログでも「虎の年 修羅の如く」のタイトルで「阿久根市政に革命をおこします。これからの作業に比べれば、これまでのものは児戯です」と記載。「革命には多くの苦労と、おそらく血も涙も伴います」と、「激動の年」を宣言していた。

 また、仕事始め式で竹原市長は先月28日の仕事納め式同様、新聞各社の入室を禁じた。竹原市長は毎日新聞の取材に対し「新聞は悪意を持って書くから」として、一部地元民放などの取材には応じた。【川島紘一】

【関連ニュース】
阿久根市長:「司法の存在意義を否定」 元係長訴訟
ブログ市長:阿久根市議会が謝罪要求決議 差別記述問題で
ブログ市長:阿久根市の賞罰委委員全員を解任 規程改定し
阿久根市:元係長ボーナスもなし 市長、復職拒否続く
阿久根市長:定期昇給を突然凍結 1月1日付

さだいちのブログ
null
自己破産
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。