So-net無料ブログ作成

主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)

 旭化成は5月10日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。排尿障害改善薬フリバスなど主力品が好調だった一方、前年度にマルホへの帯状疱疹治療薬ファムビルの国内販売権の譲渡に伴うライセンス収入を計上した反動でライセンス収入全体が減少し、医薬事業の売上高は前年度比58億円減の608億円だった。

【国内医療用医薬品売上高詳細】


 主力品上位3品目の国内売上高を見ると、骨粗鬆症治療薬エルシトニンが140億円(前年度比8億円増)、フリバスが137億円(39億円増)、免疫抑制剤ブレディニンが65億円(3億円増)と、いずれも増収だった。フリバスが大幅に伸長したのは、2008年4月に旭化成がロシュ社から販売権を含むすべての権利を譲り受け、シェリング・プラウとの共同販売を解消し、旭化成に販売を一本化したため。

 医薬品のほか医療機器の製造・販売などを含めた医薬・医療事業では、売上高が1132億円(64億円減)、営業利益が40億円(80億円減)と、減収・減益だった。今年度の業績については、08年5月に発売した抗血液凝固剤リコモジュリンなどの拡大や、人工腎臓APSとウイルス除去フィルタープラノバの海外向けを中心とした販売数量の増加などを見込んでいることから、売上高1230億円、営業利益90億円の増収・増益となる見通し。

 全体の売上高は、1兆4336億円(7.7%減)だった。利益面では、営業利益が576億円(64.8%増)、経常利益が564億円(73.4%増)、純利益が253億円(433.0%増)。
 今年度の業績予想は、売上高1兆6770億円、営業利益800億円、経常利益775億円、純利益425億円を見込んでいる。


【関連記事】
アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬
最主力の骨粗鬆症治療薬がけん引し、売上高微増―帝人
抗生物質の売り上げ減などで医療用医薬品0.5%減―塩野義
新規緑内障治療薬の開発・販売権を米バイオベンチャーに供与―旭化成ファーマ
新発売や販売一本化などで売上高14%増―鳥居薬品

パロマ元社長らに有罪=CO中毒死、執行猶予付き−湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
火災の遺体に外傷、殺人で捜査 千葉県警(産経新聞)
小沢氏「起訴相当」検審、岩手知事冷ややか(読売新聞)
<民主党>小沢一郎幹事長 駐日米大使との会談認める(毎日新聞)
出先機関仕分け 7省10系統対象(産経新聞)

アスベスト訴訟 国の不作為認定焦点 19日判決(産経新聞)

 アスベスト(石綿)関連産業の集積地だった大阪・泉南地域で石綿による健康被害を受けたのは、国が早くから被害を認識しながら必要な対策を取らなかったのが原因として、工場の元従業員や遺族らが国に計9億4600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日午後、大阪地裁(小西義博裁判長)で言い渡される。原告が主張する国の不作為が認められるかが焦点で、判決次第ではアスベストをめぐる全国の訴訟に影響しそうだ。

 原告は、泉南市の藪内昌一さん(68)ら集団訴訟第一陣の30人。昭和14年〜平成17年の間に石綿工場などで3〜44年間働き、石綿肺や肺がんになった元従業員のほか、遺族や工場の近隣住民らで、それぞれ3300万〜4400万円の賠償を求めている。

 裁判の争点は、国がアスベストが原因で石綿肺などになることを予見することができた時期と、被害の拡大を防ぐため、工場に排気装置の設置を義務付けすることができた時期。

 原告側は、泉南地域で昭和15年に旧内務省保険院の医師らが実施した健康被害調査で、対象者の約1割に石綿粉塵(ふんじん)による健康被害が明らかになり、「法規的取り締まりが必要」と指摘されたことを挙げ、「国は戦前から被害を十分認識していた」と指摘。少なくとも石綿肺が労災補償の指定疾病とされた昭和22年には被害を予見できたとした。

 そのうえで、粉塵対策のための局所排気装置について、工場に設置を行政指導した33年には義務付けが可能だったにもかかわらず、その権限を行使しなかったとして、国の不作為を訴えている。

 これに対し国側は、保険院の調査は症例が不十分な実態調査に過ぎないため、旧じん肺法を制定した35年より前には予見できなかったと反論。局所排気装置も、33年の通達をきっかけに普及の基盤作りを行い、義務付けのための技術的、社会的基盤が整ったのは46年以降と主張している。

 また、原告側は労働関連法規について、「労働者だけでなく家族や近隣作業者も保護対象としている」として、原告全員の救済を主張。国は「労働関連法規はあくまで労働者保護が目的」として、家族・近隣作業者の曝露(ばくろ)を認めておらず、双方の主張を裁判所がどう判断するか注目される。

 ■アスベスト(石綿) 天然に産出する繊維状の鉱物の総称。酸やアルカリの影響を受けないうえ、耐熱、絶縁、吸音などに優れている特性から、「奇跡の鉱物」としてさまざまな用途に使われた。一方、繊維を吸入することで肺がんのほか、胸膜や腹膜にできるがんの一種、中皮腫などを引き起こす。中皮腫は潜伏期間が30〜40年と長く、「静かな時限爆弾」とも呼ばれる。

石綿を高温蒸気で無害化、セメントに再利用 NEDOなど共同開発
石綿被害で首都圏の建設労働者が2次提訴
学校のアスベストで中皮腫 教諭が全国初の公務災害認定へ
京都の建設労働者がアスベスト被害者の会設立へ
石綿肺発症を初確認 クボタ旧神崎工場周辺の住民
少子化を止めろ!

マダガスカルの医療に奉仕する日本人女性の活動(医療介護CBニュース)
日米地位協定に「環境条項」=沖縄配慮、改定提起へ(時事通信)
AppleとGoogleの戦いは「第3次世界大戦」――関係者語る
<ひこにゃん>商標使用は有料に…彦根市の人気キャラ(毎日新聞)
レジ袋6557万枚を削減! 九州7県、今年度もキャンペーン (産経新聞)

肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)

 廃棄用の牛肉を貯蔵・販売したとして、栃木県警は12日、埼玉県熊谷市中西、牛内臓卸売販売業小林利之(72)、栃木県大田原市元町、同従業員丸亀安男(53)、群馬県伊勢崎市境伊与久、廃棄物処理業新井浩志(35)の3容疑者を食品衛生法違反の疑いで逮捕した。

 発表によると、3人は共謀し、昨年12月から今年3月にかけて5回にわたり、栃木県大田原市の食肉処理場「那須地区食肉センター」で解体され、病気のため検査で不合格になった牛の内臓をセンター内の冷蔵庫に貯蔵した疑い。

 丸亀容疑者は2月、貯蔵していた廃棄用の牛の内臓を2000円で県内の精肉店に販売した疑い。3容疑者は、いずれも容疑を認めているという。

 県警によると、牛の病気は肝炎などで、健康被害は確認されていないという。

新潟で震度3(時事通信)
【セミナー】 食品産業における 『クレームゼロ化』 と 『コストダウン』 の進め方(4月16日・東京) 株式会社 JIPMソリューション
<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相(時事通信)
<コシノジュンコさん>北京・人民大会堂でショー(毎日新聞)

包丁つきつけコンビニ強盗未遂 容疑の自衛官逮捕(産経新聞)

 コンビニで店員を包丁で脅し、金を奪おうとしたとして、京都府警舞鶴署は11日、強盗未遂などの疑いで、海上自衛隊海士長(19)=同府舞鶴市=を逮捕した。同署によると、海士長は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、10日午前2時5分ごろ、同市行永東町の「ローソン国立舞鶴病院前店」で、女性店員(36)に包丁をつきつけ現金を奪おうとしたが、何も取らずに逃走したとしている。

 海士長は約1時間後、同市内の路上で、包丁を持っているところを同署員に発見され、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されていた。

【関連記事】
コンビニ強盗関与か、包丁所持の19歳自衛官を逮捕 京都・舞鶴
「アホんだら!」コンビニ強盗、競馬でスって自首
脅されてコンビニ強盗…恐喝ばれて少年逮捕 栃木
「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 
気弱なコンビニ強盗、すぐ出頭「怖くなって署に行った」
少子化を止めろ!

マイナスばかり書く、と中井国家公安委員長(読売新聞)
味の素社員に課徴金39万円=審判でインサイダー認定−金融庁
TBS社員をかたり詐欺(スポーツ報知)
普天間で官房長官らと協議=首相(時事通信)
<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。