So-net無料ブログ作成
検索選択

街頭ビラ配布で国庫負担肩代わり反対訴え―健保連(医療介護CBニュース)

 健康保険組合連合会(健保連)は2月12日、全国5都府県のターミナル駅前などでサラリーマンらにビラを配布し、来年度予算案に盛り込まれた全国健康保険協会(協会けんぽ)の国庫負担を健保組合などが肩代わりする特例措置への反対を訴えた。

 特例措置では、後期高齢者支援金の負担方法を、現在の「加入者割」から組合ごとの総報酬に応じた「総報酬割」に切り替える。これにより協会けんぽの負担が減る一方、健保組合などの負担は増えることになる。
 健保連は、▽高齢者医療の問題はじっくり議論して決めるべき▽国庫補助を「肩代わり」させるのは国の責任放棄▽協会けんぽの国庫補助拡充は全額国費で賄うべき―などと訴えている。

 この日東京では、東京駅丸の内北口で午前8時頃から、平井克彦会長ら本部役員が先頭に立ち、約30人体制で配布を始めた。小雨が降る寒空の下、出勤途中のコート姿のサラリーマンらに、1000枚のビラを手渡した。
 街頭ビラ配布は東京のほか、神奈川、愛知、大阪福岡で実施。全国で約7500枚を配布する予定だ。

 


【関連記事】
国庫負担肩代わりに反対運動展開へ−健保連
協会けんぽ保険料年2.1万円アップ―平均年収の加入者
健保連、国庫負担肩代わり「極めて遺憾」―協会けんぽ国庫補助引き上げで
協会けんぽへの国庫補助拡充を要請−健保連など3団体
支援金負担、健保・共済組合による肩代わり提案―厚労省

「おばさん相手なら余裕で逃げられる」中3男子2人逮捕 高齢女性からひったくり容疑(産経新聞)
同じ女子大生に連続わいせつ=会社員、容疑で逮捕−神奈川県警(時事通信)
マータイさん 「KYOTO地球環境の殿堂」入り(毎日新聞)
作家の立松和平さん死去、62歳(読売新聞)
航空機座席の検査記録ねつ造=小糸工業に業務改善勧告−国交省(時事通信)

京王線車庫で一部車両脱線=ラッシュ時、3割運休−東京(時事通信)

 12日午前5時55分ごろ、東京都日野市高幡の京王電鉄高幡不動駅に隣接する「高幡不動車両基地」で、電車の一部が脱線した。この影響で車両基地内に停車しているほかの車両が出庫できなくなり、ラッシュ時に上下線の約3割が運休、遅れも出た。
 脱線したのは午前6時16分府中新宿行きの普通電車。車庫から出す作業中に8両中2両目の車両の車輪が脱線した。電車には運転士が2人乗務していたが、けがはなかった。
 同社が脱線の原因を調べている。 

【関連ニュース
列車衝突、乗客ら11人けが=除雪車と正面からか-JR富良野駅・北海道

「7人の弁護士」がそれぞれ最終弁論 足利再審(産経新聞)
【新・関西笑談】女性は一生輝ける(3)上海観光親善大使 本堂亜紀さん(産経新聞)
小学生の列に車、5人負傷=茨城(時事通信)
無抵抗で刺される?前部に深い傷…宮城3人殺傷(読売新聞)
続投に国民の厳しい評価、小沢氏は強気の姿勢(読売新聞)

「死亡」ホームレス、警察の検視室でまばたき(読売新聞)

 さいたま市で10日、市消防局の救急救命士らが救急搬送に向かった際、生きているホームレスの男性(51)を死亡と誤認するミスがあった。

 同局の発表によると、同日午前9時40分頃、同市西区のゲートボール場で布団にくるまった男性の意識がなく、冷たくなっているとの110番が住民からあった。警察の連絡で現場に着いた隊長(52)と救急救命士(41)は、男性の体に硬直があり、顔が青白く、体も冷たいことから死亡と判断。現場にいた大宮西署員に引き渡した。

 同署員が遺体運搬用トラックで男性を運んだが、同署の検視室で男性がまばたきしているのに気づき、119番。駆けつけた別の救急隊員が生存を確認した。

 意識は正常で、呼吸や脈拍、体温に異状はなく、病院での検査で脳内出血が見つかったが、命に別条はないという。同局は「観察の基本を怠ったことが原因」とし、関係者の処分を検討中。

<確定申告>かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」(毎日新聞)
勤務医対策に重点配分、入院診療に4400億円 22年度診療報酬改定で中医協答申(産経新聞)
神鋼と株主が和解 橋梁談合訴訟(産経新聞)
実質年3.46%の高い伸び=昨年10〜12月期GDPの民間予測(時事通信)
<訃報>山口安次郎さん105歳=西陣織職人(毎日新聞)

国の防災指揮拠点、関西は大阪府庁のある「大手前」に(産経新聞)

 大規模災害時に近畿2府4県で広域的な支援活動にあたる国の「基幹的広域防災拠点」の現地対策本部が、大阪市中央区大手前の大阪合同庁舎第4号館内に設置されることが12日、分かった。阪神大震災を教訓に、災害発生時に府県域を越えて救援物資受け入れなどの調整にあたる「司令塔」となる。

 近畿地方整備局が同日、大阪市内で開いた協議会で、内閣府が近畿2府4県など関係機関の担当者に報告した。

 報告によると、大手前付近の合同庁舎など10施設を検討した結果、フロアに約150人が収容可能で、非常用電源などライフライン設備が充実している第4号館を現地対策本部に選定した。今後、衛星通信用ケーブル配線などを整備する。

 近畿地方整備局は「府県域を越えた地方自治体や自衛隊、警察など関係機関の連携強化が期待できる」と話している。

【関連記事】
エムネット「初本番」 試される成否
上原多香子さんの「放水始め!」で一斉放水 新宿で消火・救助訓練
消防法改正で好況 大阪国税局、警報器設置業者を脱税で告発
QRコードで位置確認、消火栓標識が“道しるべ”に
医療過疎地守れ 福島県のドクターヘリ導入効果 日に4度出動も

<山本病院>肝臓手術経験10回以上…理事長が県に虚偽回答(毎日新聞)
国内最長寿の還暦ウミガメが名前募集中 徳島の博物館(産経新聞)
「怖くなって逃げた」 青森県の女子高生の自殺手助け 容疑で無職男を逮捕(産経新聞)
ニイウスコー事件 ワンマン元会長が主導か(産経新聞)
「5億円送金しろ…」浜崎あゆみさん宅に脅迫文(読売新聞)

足利事件再審、検察側が菅家さんに無罪論告(読売新聞)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件の再審第6回公判が12日午前、宇都宮地裁で始まり、検察側は、「本件について無罪の論告がなされるべきことは明らか」として、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)に無罪論告を行った。

<オーロラ>極寒の空彩る マッキンリー山(毎日新聞)
ラッシュ時に3割運休 脱輪で京王線(産経新聞)
宇都宮線が全線運転見合わせ 車両トラブルで(産経新聞)
「信頼」では同盟維持できず…陸自幹部が発言(読売新聞)
入学者ゼロで新年度?兵庫の法科大学院(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。