So-net無料ブログ作成

近畿で私立中入試始まる 全男子校で3教科受験可能に(産経新聞)

 近畿2府4県の私立中学校の入試が16日、スタートした。今年は、これまで受験科目が4教科(国語、算数、理科、社会)必須だった大阪、京都府内の男子校が相次いで社会を除く3教科制や4教科の選択制を導入。これにより近畿の全男子校で社会科を除いた受験が可能になったが、関係者からは「受験生確保には致し方ないが、社会科を軽んじてほしくない」という声も上がっている。

 関西の私立中の受験科目をめぐっては、4教科必須が多い女子校に比べ、男子校は兵庫県を中心に3教科受験が主流。数年前から3教科受験に切り替える動きが強まっていた。第一ゼミナールの稲葉雅也氏は「負担の少ない3教科受験にすることで、受験生の確保を狙う私立の生き残り策の一環」とみる。

 難関校として知られる大阪星光学院(大阪市天王寺区)は今回から3教科と4教科いずれかの選択制に。同校は「基本的には4教科が望ましいが、幅広く受験生を得るため3教科受験を目指す受験生にも門戸を開いた」とする。最近は、志願者数もほぼ横ばいだったが、今回は効果もあってか、志願者が昨年度より111人も増えたという。

 京都の難関校、洛星(京都市北区)も今年から選択制に。同校も「他校に合わせた方がいいと判断した」という。

 ただ、こうした「社会科離れ」が進む傾向を懸念する声も。豊中市の履正社学園豊中で社会科を担当する鳩岡文法教諭(51)は「社会科は単なる暗記ではなく、人間生活につながる重要な科目。学力のバランス的にも社会科の勉強は必要」と指摘している。

 16日には近畿の146校の中学のうち128校で試験が行われた。今回から社会科を除いての受験も可能になった上宮(大阪市天王寺区)では緊張した表情の130人が試験に臨んだ。

【関連記事】
センター試験始まる 志願者数55万、インフル追試験は154人
ブランドよりお金!?名門私大の付属校ラッシュにOB激怒
中学受験もラストスパート!計算力鍛え“キー科目”を制せ
合格するぞ!必勝祈願スパート 東京・湯島天神
不況で「地元」「資格」志向高く 大学入試シーズン突入

右車輪出ないまま着陸=羽田空港(時事通信)
衆院予算委 天皇陛下の公的行為に平野氏「統一見解示す」(毎日新聞)
人事で鳩山カラー? 憲法解釈論議も“小沢手法”か(産経新聞)
適正な塩分摂取量の認知度は約1割(医療介護CBニュース)
清水建設元作業所長ら書類送検=パイプライン工事爆発−新潟県警(時事通信)

雑記帳 IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)

 昨年、韓国で爆発的な人気を呼んだ、韓流スター、イ・ビョンホンさん主演のドラマ「IRIS(アイリス)」のロケ地となった秋田県横手市のかまくらが22日、ソウル都心に出現した。

 ドラマ人気で韓国人観光客が急増している同市が、より多くの人を呼び込もうと伝統のかまくら職人3人を送り込み、地元の子供たちの助けも借りて二つのかまくらと多数のミニかまくらを作り上げた。

 この日、ソウルの最低気温は氷点下12度。雪がさらさらになり、ベテラン職人もかまくらを形作るのに一苦労。IRIS人気が続く間に韓国の「秋田・横手人気」もうまく固められますかどうか。【大澤文護】

【関連ニュース】
かまくら祭り:ろうそくの明かり彩る湯煙の街 栃木・日光
出会いふれあい:ふるさと情報 /東京
かまくら祭り:幻想 栃木・日光で始まる
奥日光湯元温泉雪祭り:開幕 氷の彫刻を展示 /栃木
いわて雪まつり:雪像製作始まる−−小岩井農場 /岩手

「民主党政権は30年続く」はずだったが…(産経新聞)
パロマ中毒死、5月判決=元社長ら改めて無罪主張−東京地裁(時事通信)
捜査可視化、賛同相次ぐ=小沢氏系グループ会合(時事通信)
怒声飛び交うゲーム賭博店の緊迫手入れ(産経新聞)
治験活性化検討会、報告案を大筋で了承(医療介護CBニュース)

国民新党が総務省に通告「参政権法案は厳しい」(産経新聞)

 国民新党の自見庄三郎幹事長は20日午前、党の会合で関係省庁から通常国会に提出予定の法案をヒアリングし、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案の賛否について「国民新党としては厳しい党内情勢だ」と、総務省側に通告した。同党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「帰化の要件を合理的にすべきだ」と、参政権付与に反対している。

 また会合では、夫婦が別の姓でも婚姻関係を保てるとする選択的夫婦別姓制を導入する民法改正案に対しても「不倫を助長する」との異論が出た。

【関連記事】
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」
外国人参政権、谷垣氏も「反対」
【鳩山政権考】どうする地方参政権付与法案 花岡信昭
外国人参政権 性急な提出に強まる疑念
センター試験設問で「外国人参政権容認?」

<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)
<つくば市>市営の施設で消防法違反…20カ所以上(毎日新聞)
当時から居住1割 被災地中3アンケート 語り継ぎ、「学校」多く(産経新聞)
<石川議員逮捕>任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」(産経新聞)

DV 「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望(毎日新聞)

 DV(ドメスティックバイオレンス=配偶者間暴力)の被害者が22日、東京の衆院議員会館で、国会議員らに01年10月施行のDV防止法を改正するよう訴えた。福島瑞穂男女共同参画担当相や千葉景子法相も国会の合間に出席予定。この問題で担当閣僚が被害者から直接意見を聴くのは異例という。DV防止法には裁判所が加害者に出す接近禁止などの保護命令規定が盛り込まれたが、命令期間終了後に加害者が家に何度も押しかけるケースが相次いでおり、被害者は保護命令の拡充などを求めた。

 DV被害で離婚後、長男諒(りょう)君(当時15歳)を元夫(45)に刺殺された川本弥生さん(47)がこの日午前、支援者らとともに超党派の国会議員の会合に出席。DV防止法に明記されていた3年ごとの法律見直しの規定が2度目の改正(08年1月施行)でなくなり、「現行法では被害者を守る手だてはまだ不十分」などと訴えた。

 DV防止法には交際中の相手からの「デートDV」が法の規制対象外となっているなどの問題点もあり、来年初めの法改正を目指し、内閣府や法務省などに働きかけていくという。【酒井雅浩】

【関連ニュース】
再生のとき:/5 DV元夫に長男殺された母娘 生きた証し残す
こげなことしとります:福岡グループインフォ 福岡犯罪被害者支援センター /福岡
阿波ひと物語:ニュースレター創刊 編集した河野南代子さん /徳島
県警:今年初の署長会議 最重点に暴力団対策 /福岡
連続講座:DV被害者の支援者養成 心的ストレスの対処法など解説−−福井 /福井

【中医協】診療報酬上の地域への配慮、次期改定は見送り(医療介護CBニュース)
伝統ウォームビズ「ねこ」で仕事=長野県〔地域〕(時事通信)
「俺は暴力団ナンバー2」女性を脅して乱暴 容疑のアルバイト男逮捕 (産経新聞)
駐在所で長男、拳銃自殺か=高校1年、自室で死亡−岡山(時事通信)
【中医協】他施設の外来受診日は入基料3割減−厚労省が通知へ(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。