So-net無料ブログ作成

小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、逮捕された石川知裕衆院議員(36)(民主)が東京地検特捜部の調べに、土地購入前の2004年10月下旬頃、土地代金に充てる現金4億円を同会の同年分の政治資金収支報告書に記載しない方針を小沢氏に報告し、了承を得ていたと供述していることが、関係者の話で分かった。

 特捜部は、収支報告書の虚偽記入容疑について、小沢氏が石川容疑者らと事前に共謀していた疑いがあるとみて、小沢氏自身の刑事責任追及を視野に捜査している。

 同会は04年10月29日、東京都世田谷区深沢の土地を購入。同会の事務担当者だった石川容疑者は、土地代金など計約3億5200万円の支払いに充てるために小沢氏から受け取り、同会の銀行口座に入金した現金4億円の収入と、土地代金などの支出を同年分の収支報告書に記載せず、その報告書を05年3月に提出した疑いが持たれている。

 関係者によると、石川容疑者は任意の事情聴取などでは小沢氏の関与を否定していたが、逮捕後の調べで、土地購入前の04年10月下旬頃、小沢氏が用意した現金4億円を同年分の同会の収支報告書に記載しないことや、土地取得の登記を翌05年にずらすことを小沢氏に報告し、了承を得ていたなどと供述したという。

 石川容疑者は04年10月に購入した土地について、不動産登記簿に「05年1月7日売買」と登記。登記をずらすことで、土地を05年に購入したことにし、仲介手数料と土地代金計約3億5200万円の支出の記載を同会の05年分の収支報告書に回していた。石川容疑者の供述通りなら、小沢氏は04年分の収支報告書に記載しなければならない収入と支出を意図的に記載しない方針を、認識し、了承していたことになる。

 石川容疑者は、自身が虚偽の記入をしたことを認めており、動機については「小沢先生が大きいお金を持っていることが分かると良くないので表に出さなかった」などと説明している。

 特捜部は小沢氏が用意した4億円の原資の解明を続けている。中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県)の元幹部らが04年10月中旬、石川容疑者に現金5000万円を渡したとの供述もあり、ゼネコンからの資金が原資の一部になっている可能性もあると見ている。

 小沢氏は石川容疑者の逮捕後、今回の事件について「形式的なミス。強制捜査は納得できない」と述べていた。任意の事情聴取に応じる意向を特捜部に伝えているが、「自らの信念を通し、闘っていく」などと検察側との対決姿勢を崩していない。

<訃報>木原実さん93歳=元社会党衆院議員(毎日新聞)
新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど(医療介護CBニュース)
河村前官房長官への告発状を提出 東京地検に 大阪の弁護士 機密費引き出し(産経新聞)
小沢氏「お騒がせし恐縮」=長崎行脚、検察批判には触れず(時事通信)
<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)

<資金提供>「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、04年に石川知裕容疑者に5000万円を渡したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)元幹部が「提供資金は後で元請けから補てんされた」と東京地検特捜部に説明していることが分かった。国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)を受注した元請けの大手ゼネコンが、工事費に同額分を上乗せし下請けの水谷建設に支払ったという。

 元幹部が「資金提供分の補てんが約束されていた」と説明していることは既に判明していたが、新たな証言により巧妙な穴埋めシステムが存在していた疑惑が浮かんだ。

 関係者によると、水谷建設元幹部は03年ごろ、東北地方の談合の仕切り役とされた鹿島東北支店幹部(当時)から「小沢事務所にあいさつに行ったほうがいい」とアドバイスされ、大久保隆規容疑者と面会。その後、大久保秘書の要請に基づき、04年10月に東京都内のホテルで石川議員に5000万円を渡したと特捜部に説明したとされる。

 5000万円は、鹿島など3社の共同企業体が落札した胆沢ダム「堤体盛立工事」を水谷建設が下請け受注した謝礼とされ、元幹部は特捜部に「元請けの大手ゼネコンが後で補てんしてくれた」と説明。元請けは工事費を約5000万円水増しして水谷建設に下請け発注し、提供資金分を穴埋めするシステムだったという。

【関連ニュース】
虚偽記載容疑:3人の拘置決定 「陸山会」の土地購入巡り
石川衆院議員:規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載
陸山会土地取引:小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
陸山会会計処理:石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書

妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ−捕鯨問題(時事通信)
輿石参院議員会長、小沢氏進退「ふざけるな!」(産経新聞)
小沢氏「意図的に法律に反する行為していない」(読売新聞)
パチンコ攻略「梁山泊」脱税4億超、創設者ら逮捕(読売新聞)
【中医協】「中医協の権限縮小の意図が政権に」−診療側・安達委員 (医療介護CBニュース)

<虚偽記載>「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された同党衆院議員の石川知裕容疑者(36)=北海道11区=が政治資金収支報告書に虚偽記載した理由について「党代表選を意識した」などと周囲に話していることが分かった。04年に小沢氏の手持ち資金4億円で土地を購入した事実をそのまま記載すれば05年9月に公開され、その後の代表選に影響を与える可能性があったため、手持ち資金の存在を隠す意図があったという。

 ただし、実際に05年9月に代表選はあったものの、これは郵政選挙の惨敗で当時の岡田克也代表が辞任したことに伴うもので、虚偽記載時には予定されていなかった。石川議員は特捜部にも同様の供述をしているとみられるが、特捜部は慎重に調べを進める模様だ。

 これまでの特捜部の調べによると、石川議員は04年10月、小沢氏の手持ち資金4億円を受領し、東京都世田谷区の土地を約3億5200万円で購入した。しかし4億円の受領や土地購入の事実を同年の収支報告書に記載せず、翌05年1月7日に土地を購入したと記載。さらに05年1月5日に小沢氏関係の2政治団体から計2億8000万円の寄付があったとうその記載をし、陸山会の手持ち資金と合わせて1月7日に土地を購入したと見せかけていたとされる。

 こうした虚偽記載について、石川議員は「党の代表選に小沢氏が出馬するかもしれず、毎年秋に(前年分が)公開される収支報告書に小沢氏の手持ち資金による土地購入が記載されれば(原資や政治団体での土地購入の是非が問題となり)影響があるかもしれない」などと考えたという。

 虚偽記載が行われた04年、民主党では国民年金未加入問題で当時の菅直人代表が5月に辞任し、後任に小沢氏が内定したものの、やはり未加入が発覚し同月に代表就任を辞退。岡田氏が代表となり9月に無投票で再選された。岡田氏の任期は06年9月までだったが、05年9月の郵政選挙の結果、代表を辞任。結果的に05年9月に代表選が行われ、前原誠司氏が菅氏を破った。

天皇陛下がハイチ大統領に電報(時事通信)
<資金提供>「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部(毎日新聞)
土地疑惑 自民、辞職勧告提出も(産経新聞)
センター試験 あすスタート(産経新聞)
<蓮如>真筆の掛け軸など寺宝盗難、買い戻し公開へ 愛知(毎日新聞)

寒さで?レール破断、JR千歳線2時間不通(読売新聞)

 15日午前8時10分頃、JR千歳線の島松駅(北海道恵庭市)―北広島駅(同北広島市)間の下り線でレールが破断し、信号が赤のまま変わらなくなった。

 この影響で、札幌―新千歳空港間の上下線が約2時間にわたって不通となり、正午現在、普通列車44本が運休するなど約1万5000人の足に影響が出た。

 JR北海道によると、破断個所には最大3センチのすき間があり、寒さの影響でレールが収縮し、金属疲労などでできた内部の傷が、一気に広がったと見られる。

 このトラブルでJR札幌駅の改札前は、列車の再開を待つ人で混雑した。友人と観光に来ていたという長野県安曇野市の会社員松尾由梨さん(26)は「駅で初めて遅延を知った。明日から仕事なので無事に帰りたいです」と心配そうに話した。

女性引きずり死なす 大阪狭山の飲酒事故(産経新聞)
【中医協】診療報酬上の地域性への配慮、次回以降に結論(医療介護CBニュース)
雑記帳 不景気吹き飛ばそう…「いきおい守」増産の人気(毎日新聞)
小沢幹事長 「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
<虚偽記載容疑>大久保被告を逮捕 小沢氏の公設第1秘書(毎日新聞)

<鳩山首相>「問題あっても国民が選んだ」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日午前、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に関し、「私自身の(偽装献金)問題もあったが、既に衆院選の前から出ていた話で、こういう問題があるにもかかわらず民主党を国民の皆さんの多くが選んでいただいた。その責任も果たさねばならない」と述べた。公邸前で記者団に語った。

 民主党政権でも「政治とカネ」の問題が続くことについて、首相は「やはり国民も『またか』と感じていると思う」とした上で、「古い政治を破って新しい政治をつくれ、景気を良くしてくれ、という声にも応えねばならない。あわせて政治とカネの問題でクリーンな体質を作る努力も当然必要だ」と語った。【鈴木一也】

【関連ニュース】
鳩山首相:アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談
鳩山首相:台湾総統から親書 経済交流拡大を
阪神大震災:犠牲者追悼式に鳩山首相が出席へ
陸山会土地購入:鳩山首相、小沢幹事長の続投認める
鳩山首相:日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示

ブロードバンド推進協議会に国会議員26人(レスポンス)
<火災>飲食店など13棟焼ける 1人けが 東京(毎日新聞)
<訃報>高野耕一さん85歳=元東京高裁部総括判事(毎日新聞)
<鳩山首相>アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談(毎日新聞)
訪問看護支援事業、「行政の意識が重要」―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。