So-net無料ブログ作成

小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る事件で石川知裕衆院議員らが逮捕された中で16日、政権交代後初の民主党定期大会が東京都内で始まった。午前は財政小委員会と地方代議員会議を行い、午後1時から日比谷公会堂で本会議を開催する。

 全国町村会館で開かれた地方代議員会議では、実行委員長の奥村展三総務委員長による開会宣言後、小沢氏のあいさつが報道陣に公開される予定だったが、直前に非公開となった。抗議する報道陣に対し、小沢氏は「本会議で話すから」と語った。開会から約30分後、あいさつを終えた小沢氏は会場を出た。

 定期大会に先立ち小沢氏は同日午前10時16分、公邸で鳩山由紀夫首相と約15分間会談。報道陣の問いかけには応じず、うつむき加減で公邸を後にした。

 鳩山首相は16日朝、首相公邸前で記者団から「小沢氏の進退問題をどう考えるか」と尋ねられたが、「また後で」とだけ答え、都内のホテルで開かれている「アジア中南米協力フォーラム」外相会合に出席した。

 その後予定されていた茶道裏千家の新年茶会「初釜式」への出席は取りやめ、公邸に戻って小沢氏と会談した。

 衆参国会議員を集めた本会議では、福島瑞穂社民党首、亀井静香国民新党代表ら来賓に続いて党代表の鳩山首相があいさつ。その後、「参院で単独過半数の議席獲得を目指し、マニフェスト関連法案などを確実に成立させる道筋を作る」などと明記した10年度活動方針案を採択する予定だ。【近藤大介、影山哲也】

「密約」取りまとめ延期=外相経験者から聞き取りも−有識者委(時事通信)
首相動静(1月10日)(時事通信)
<訃報>平松文子さん86歳=平松邦夫大阪市長の母(毎日新聞)
「はたちの献血」に協力を=若者離れが課題−日赤(時事通信)
メッセンジャー黒田容疑者、店長側と示談成立 午後にも釈放 (産経新聞)

無資格の男が施術=はり治療後に女性死亡−大阪府警(時事通信)

 大阪府池田市の鍼灸(しんきゅう)院で昨年12月、同府箕面市の女性=当時(54)=がはり治療を受けた直後に死亡した事件で、女性に施術した20代の柔道整復師の男がはり師免許を未取得だったことが15日、大阪府警捜査1課への取材で分かった。
 同課によると、男ははり治療の専門学校生だが、免許は未取得だった。院長も男が無免許であることを把握していたといい、同課は業務上過失致死容疑などで2人から詳しく事情を聴く方針。 

品質、安全性の情報提供システム稼働へ―09年回顧と10年の展望 日本ジェネリック製薬協会・澤井弘行会長(医療介護CBニュース)
皇居で講書始の儀(産経新聞)
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針(医療介護CBニュース)
米国務長官が日本のエコカー補助に「排他的」 (産経新聞)
<TBS報道番組>取材対象の郵便、通信社の記者が無断開封(毎日新聞)

「新政研、未来研の名刺も持ってない」 “ダミー”を強調?(産経新聞)

 【小沢氏秘書 第2回公判】(3) 

 《ダミー団体「新政治研究会」(新政研)、「未来産業研究会」(未来研)を通じて行ったとされる西松建設の献金実務を取り仕切った元総務部長兼経営企画部長への証人尋問が続く。大久保隆規被告(48)は険しい表情のまま前を向いて動かない》

 《検察官は引き続き、大久保被告と西松建設の元総務部長兼経営企画部長が献金について打ち合わせた状況を確認していく》

  [イラストで見る]小沢氏側がゼネコン側から年間約2億円を集金するシステムとは…

 検察官「(献金について西松建設の)上司に諮るとか調整すると、大久保被告に毎年話していましたか」

 証人「あまり記憶にないですが、毎年は言っていなかったと思います」

 検察官「なぜ、上司に諮る必要があったのですか」

 証人「なぜといわれても…。(献金額が)1500万円と大きかったので、私一人では決められなかったので…」

 検察官「献金について、上に諮るとか調整するというようなことを大久保被告に言ったことは間違いないですか」

 証人「間違いないです」

《検察官は記憶があいまいになりがちな証人の証言を何度も確認し、より具体的に引き出そうとする。小沢氏側への献金が、政治団体からではなく、あくまでも西松建設本社からであったとの印象を強めたいようだ》
 《ここで検察側は献金の受け皿が増えたときの状況について質問を始める》

 検察官「平成12年に小沢氏側の献金の受け皿が増えますが、なぜ増えたと思いますか」

 証人「分かりません」

 《それまで小沢氏側は、関係団体「改革国民会議」だけで西松側から献金を受けていたが、平成12年からは、ほかの政党支部と分散して受けるようになっていた》

 検察官「(献金の受け皿を)増やしたのはどちらの意向ですか」

 証人「先方だったと思います」

 検察官「小沢氏側からの要請だったということですね」

 証人「はい」

 検察官「要請したのは誰ですか」

 証人「大久保さんです」

 検察官「大久保被告ですか」

 証人「はい」

 《検察官は、受け皿についての要請が小沢氏側からの働きかけだったとの証言を引き出した》

 《検察側はさらに質問を変える。今度は、大久保被告が、献金の実際の出し手が新政研、未来研ではなく、西松建設だったと認識していたと強調しようとする》

 検察官「献金についての打ち合わせは、西松建設本社以外で行ったことはありますか」

 証人「それはないです」

 検察官「常に本社でやっていたということですね」

 証人「はい」

 検察官「あなたの名刺を大久保被告に渡したことはありますか」

 証人「初対面のときに渡したと思います」

 検察官「そのときの肩書きは?」

 証人「当時の役職ですから、(西松建設の)総務部長だったと思います」

 検察官「その名刺に(ダミー団体の)新政研や未来研の役職の肩書きはありましたか」

 証人「ないです」

 検察官「新政研や未来研の名刺は持っていますか」

 証人「持っていません」

 検察官「大久保被告には、新政研や未来研の役職について説明したことはありますか」

 証人「記憶にありません」

 検察官「西松建設総務部長ではなく、新政研、未来研の役職として大久保被告に会ったことはありますか」

 証人「ありません」

 検察官「新政研、未来研の人と懇談会を開くよう、大久保被告から依頼されたことはありませんか」

 証人「ありません」

 検察官「大久保被告から選挙の際に、新政研、未来研の名簿を出してほしいと言われたことはありますか」

 証人「私は選挙のことはやっておりませんので、そのようなことは言われていません」

 検察官「新政研、未来研の人数や活動内容について、大久保被告に聞かれたことはありますか」

 証人「ありません」

 検察官「新政研、未来研の役職員の方が、大久保被告から寄付の依頼を受けたことはありますか」

 証人「私の知る限りありません」

 《検察官は大久保被告が新政研、未来研という2つの政治団体ではなく、西松建設からの企業献金だったと認識したことを鮮明に印象づけようとした。検察官と証人の一連のやりとりの最中、大久保被告は検察側をじっとにらみつけるように見つめていた》

 =(4)へ続く

【関連記事】
献金割り振り表は「大久保被告が持参」
「平成9年当時の献金窓口は樋高剛氏」 元秘書で現民主党衆院議員
寄付ルート「毎年、大久保被告と打ち合わせた」 西松元総務部長が証言
小沢氏秘書、きょう第2回公判 西松の献金“取り仕切り役”が出廷
石川議員 立件額4億 強制捜査も検討 東京地検

さいたま市の成人式で「エコキャップ運動」(読売新聞)
鳩山首相 日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」(産経新聞)
東京メトロ有楽町線で運転見合わせ 車両トラブルで(産経新聞)
長崎沖現場海中に船影=10人乗り漁船遭難−長崎(時事通信)

民家侵入、警察官の前で放火…近くで11棟火事(読売新聞)

 16日午後10時50分頃、大阪市東成区大今里2の空き家から出火、隣接する住宅など計11棟、約590平方メートルを焼いた。

 その約50分後、現場から南東約300メートル離れた同区神路4の木造2階建ての民家に不審な男がいると110番通報があった。東成署員が駆けつけたところ、住所不定、無職の古山浩二容疑者(51)が逃げようとして、署員の目の前で民家の室内にあった灯油をまいてライターで火を付けたため、現住建造物等放火容疑で現行犯逮捕した。

 この放火で民家1階玄関付近のじゅうたんとげた箱を焼いた。

 1件目の火災では火の気がなく、同署は古山容疑者との関連を調べている。

 現場は地下鉄千日前線・新深江駅の北側の住宅街。

外相会見さらにオープン化 団体加盟社以外も参加可能に(J-CASTニュース)
<防衛相補佐官>西元氏の起用承認(毎日新聞)
【Re:社会部】「キブンの時代」への反響(下)意見 言わない果てに(産経新聞)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
大阪・羽曳野射殺 「銃刀法検証も」 警察庁長官(産経新聞)

民主に衝撃「捜査見守る」=小沢氏辞任論も(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入事件で当時秘書の石川知裕衆院議員が東京地検特捜部に逮捕され、民主党内に大きな衝撃が走った。党内では「捜査の行方を見守るしかない」(若手)と戸惑う声が強い。小沢氏の進退問題に発展するとの見方も出ている。
 荒井聡首相補佐官は記者団に「極めて残念」としつつ、小沢氏の進退に関しては「直接は関係ないと思うが分からない」と語った。参院の中堅議員は「代表辞任でけじめを付けたから、党内から辞任論は出ないだろう」と述べた。
 しかし、党内では世論の反発を懸念する声が広がっている。小沢氏に距離を置くベテラン議員は「小沢氏は支持率を見極めながら進退を判断するだろうが、世論は非難ごうごうだ」と指摘した。
 ある中堅は「石川議員が秘書時代にやったことだから、小沢氏の問題だ。小沢氏が説明できないなら辞めるしかない」と述べ、別の中堅は「幹事長が居座れば、鳩山政権が持たない」との見方を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<元服式>ダム建設で廃村、旧徳山村の伝統…岐阜(毎日新聞)
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた(産経新聞)
<三井生命保険>顧客情報入りパソコン11台紛失(毎日新聞)
人気ゲームの「朝鮮海」表記 コーエー変更明言せず不満くすぶる(J-CASTニュース)
EU大統領、4月に初来日=貿易交渉は厳しい局面も(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。