So-net無料ブログ作成

外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は24日の党大会で政策報告を行い、政府・民主党が通常国会に提出の方針を決めた永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「憲法上の議論が多く残り、国民的議論も成熟していない。私どもは拙速な法案成立に断固反対する」と述べ、党として法案に反対する考えを表明した。

 また「(憲法上の)住民とは日本国民をさすと考えており、私どもは多くの疑義があると考えている。国の形そのものにかかわる問題だ」とも強調した。

【関連記事】
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表
自民党新綱領の要旨
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
「互いに再生へ出発」 自民党大会で山口公明代表
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか 

首相“5月退陣”駆けめぐる 「普天間がだめ押しに」(産経新聞)
「信じて」発言、誤解与えた=鳩山首相(時事通信)
首相動静(1月23日)(時事通信)
ブルトレ「北陸」とボンネット「能登」 ラストラン間近(産経新聞)
地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で−前原国交相(時事通信)

山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は29日午前、夏の参院選比例代表の公認を求めていた山崎拓元副総裁(73)と保岡興治元法相(70)を党本部に個別に呼び、それぞれに「(参院比例代表の)『70歳定年制』の内規を適用したい」と、公認しないことを正式に伝えた。

  [フォト]谷垣総裁との会談後、記者団に囲まれる山崎拓氏

 山崎氏はその後、記者団に対し「執行部の判断は尊重する」と述べた。ただ、「国政復帰を目指す考えに変わりはない」とし、今後の対応は離党を含めて「白紙」と述べるにとどめた。次期衆院選への出馬を促された保岡氏も「支持者と相談する」と今後についての明言を避けた。

 山崎、保岡両氏は昨年の衆院選に落選し、参院選比例代表へのくら替えによる国政復帰を目指していた。一方で党内の中堅・若手らから、世代交代を理由に山崎氏らの公認に反対する声が強まっていた。

 谷垣氏は「70歳定年制」の内規を厳格に適用することで山崎氏らの公認の見送りを決め、同氏らにも「党内をまとめたい」と、党内融和を優先さえた措置であることを強調した。

【関連記事】
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定
自民・谷垣総裁が山崎、保岡、片山3氏の公認見送りを正式表明
自民、片山氏も公認見送り 参院選へ若返りアピール
どう出る?舛添前厚労相 目立つ政局意識の言動

岐阜・中津川の家族6人殺傷、2審も無期判決(読売新聞)
<コインパーキング>京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加(毎日新聞)
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」(産経新聞)
捜査情報の漏えい否定=政府答弁書(時事通信)
10トン重機が校庭に転倒!校舎まで3m(読売新聞)

<千葉大生殺害>遺体のストッキングから無職男のDNA型(毎日新聞)

 千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、荻野さんの遺体に巻き付いていたストッキングから、荻野さんを包丁で刺したことを認めた無職の男(48)=別の強盗傷害容疑で再逮捕=のDNA型が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かった。男の供述に基づき発見された血の付いたTシャツからは、荻野さんのDNA型が出たという。県警松戸署捜査本部は男を27日にも、荻野さんのキャッシュカードで現金を引き出したとして窃盗容疑で再逮捕し、事件の全容解明を進める方針。

 捜査関係者などによると、男は昨年10月21日に荻野さんを包丁で刺したうえ、翌日現場に戻って放火したことを認める上申書を提出している。【神足俊輔、中川聡子、斎藤有香】

【関連ニュース】
松戸女子大生殺害:ATMの男27日にも再逮捕 窃盗容疑
千葉大生殺害:「放火し窓から逃げた」ATMの男供述
千葉大生殺害:ATMの男、関与認める上申書
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血
千葉大生殺害:別の強盗傷害容疑などで無職の男を再逮捕

<通常国会>菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁(毎日新聞)
サンシャイン国際水族館でペンギンがベビーラッシュ(産経新聞)
半日後にがれきから遺体 女性はねた容疑で男逮捕(産経新聞)
リコールの「ティファール」鍋、交換まだ2割(読売新聞)
<補正予算案>25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会(毎日新聞)

接種後死亡症例で初の「関連あり」報告―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月29日、新型インフルエンザワクチン接種後の死亡例のうち、主治医がワクチン接種と死亡との間に「関連あり」とした初めての報告があったと発表した。死亡したのは、新潟県の80歳代の女性で、脊椎後湾症、高血圧症、連合弁膜症の基礎疾患があった。

 女性は26日のワクチン接種後30分間は副反応が見られなかったが、接種約40分後、帰宅途中で路上に倒れ、応答のない状態で発見された。その後、自動体外式除細動器を使用するなどしたが、「電気ショック不要」との応答があった。さらに、気管内挿管下で心肺蘇生などを開始し、救急車で医療機関に搬送したものの、死亡が確認された。

 主治医の報告では、「臨床医経験の範囲内」で、暖房下の室内から寒冷の戸外へ出たことによる致死的不整脈や、潜在の深部血栓による肺塞栓の可能性も否定できないとされた。一方で、倒れたのがアナフィラキシーショックを起こしやすい接種後30分を少し過ぎた時間とみられることから、ワクチン接種との因果関係がある可能性もあるとして、「関連あり」と報告したという。

 医薬食品局安全対策課の佐藤大作・安全使用推進室長は29日の記者会見で、「これまでも、接種当日に心不全を起こした死亡例の報告もある。(今回の事例と)似たようなものもある」と指摘した。一方で、「われわれが因果関係を評価できるわけではない」とも述べた。
 接種後の死亡例の報告は27日までに117例。今回の事例以外はすべて「関連なし」か「評価不能」と主治医が報告している。

 今後は第三者の専門家が、ワクチン接種と死亡の関連性について評価を行うという。


【関連記事】
インフル定点9.03、8週ぶり増加
臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」−長妻厚労相
副反応0.01%で変わらず―新型ワクチンで厚労省
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル

モンスターペアレンツ対策Q&A…都教委配布へ(読売新聞)
有志勉強会参加は「当然」=階政務官が答弁(時事通信)
鳩山首相 施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)
「報道統制」の声 民主「検察リーク好ましくない」(産経新聞)

代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功−シンガポール(時事通信)

 山中伸弥京都大教授らが「人工多能性幹(iPS)細胞」を作るのに使った3種類の遺伝子のうち、最後まで代わりの遺伝子や化合物が見つかっていなかった「Oct4」も、別の遺伝子で代替できることが分かった。シンガポール・ゲノム研究所などの研究チームがマウスの胎児細胞で成功し、米科学誌セル・ステムセル電子版に22日発表した。
 iPS細胞は身体の多様な細胞に変わる万能細胞で、ヒトでは難病患者の再生医療への応用が期待されている。研究成果は、iPS細胞ができる仕組みを解明し、遺伝子導入法より安全で作製効率が高い、化合物だけによる作製法を開発するのに役立つとみられる。
 Oct4の代わりになると分かったのは、細胞核内の受容体を生み出す遺伝子「Nr5a2」。受容体は特定の分子と結合して機能するたんぱく質だが、この受容体はこれまで、結合する分子や役割が不明だった。
 今回、マウス胎児細胞に3遺伝子をウイルスを使って導入する際、Oct4の代わりにNr5a2を使うと、iPS細胞や、受精卵(胚=はい)から作る「胚性幹(ES)細胞」で、多様な細胞への分化能力を担う遺伝子「Nanog」を働かせる役割があることが分かった。
 国立成育医療センターの阿久津英憲・生殖技術研究室長の話 iPS細胞を作るには、Nanog遺伝子の発現の誘導が重要であることが改めて確認された。新たな「役者」が出てくると共通のシステムが分かり、体細胞からiPS細胞ができるメカニズムを解明する手掛かりとなる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
水に混ぜるだけで高強度素材=高分子化合物を開発
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献

<千葉大生殺害>遺体のストッキングから無職男のDNA型(毎日新聞)
国選弁護人を選任ミス=対象外の容疑者に−福岡簡裁(時事通信)
検察追及を横目に 民主、岩手で“帝国”健在(産経新聞)
「斟酌の理由ない」に反発=沖縄出身議員(時事通信)
首相動静(1月23日)(時事通信)

大阪湾上? 救急出動ヘリの部品脱落(産経新聞)

 関西空港海上保安航空基地は23日、救助出動し大阪湾上を飛行した基地所属のヘリコプターから金属製の部品が脱落していたと発表した。部品は発見されていないが、被害情報は報告されていないという。

 基地によると、部品は機体の一部を固定するL字型のピン(重さ約12グラム)。23日午前の定期点検で、なくなっていることが分かった。同機は22日午後4時過ぎから約50分間、基地と大阪湾上を往復。直前の点検ではピンは確認されていたため、飛行中に脱落したとみられる。

 関西国際空港のターミナルビルや船舶の上空は飛行していないといい、同基地は「大事故につながる可能性もあり、再発防止に努めたい」としている。

【関連記事】
F15の部品 日本海上に落下 重さ200キロ
海保機のアルミ部品が脱落 那覇
陸自ヘリから金属部品脱落 3.2グラムのピン
海自哨戒ヘリの部品落下 被害確認されず
航空祭で空自F15尾翼落下 福岡・築城基地

<陸山会土地購入>石川議員ら3人、10日間の拘置延長に(毎日新聞)
「裏金1億円を用意」=水谷経理担当者が証言−「小沢氏側へ」と調達・陸山会事件(時事通信)
すぐには国民は納得しない=小沢氏の聴取で−前原国交相(時事通信)
女子学生の映像、無断で講義に「化粧濃すぎ」(読売新聞)
「マスコミは検察の犬」 自民・河野議員が「検察報道」批判(J-CASTニュース)

<通貨偽造>金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(毎日新聞)

 岐阜県警捜査2課と養老署は28日、岐阜県養老町室原、無職、伊藤直子容疑者(26)を通貨偽造の疑いで逮捕した。容疑は09年8月初旬〜10月中旬、自宅でパソコンとプリンターを使って1万円札13枚を偽造したとしている。

 同署によると、伊藤容疑者はインターネットでの買い物や携帯電話料金の支払いに困り、同居の造園業の祖父(87)が金庫に入れておいた封筒から1万円札を抜き取り、発覚しないように偽造1万円札を入れておいたという。このうち2枚を祖父が近くの簡易郵便局に持ち込み、両替しようとして偽札とわかった。【子林光和】

【関連ニュース】
偽1万円札:東北4県で相次ぎ見つかる
偽造1万円札:仙台の繁華街で8枚見つかる
通貨偽造容疑:偽1万円札66枚印刷 男2人再逮捕 愛知
偽札使用容疑:中学生2人逮捕 コピー機で複写 大阪
偽札:東北4県で偽1万円札見つかる

首相動静(1月20日)(時事通信)
損保会社から80万騙し取る 架空や水増し、柔道整復師と患者を逮捕 警視庁(産経新聞)
株安・円高「様子を見る」=鳩山首相(時事通信)
20代でも7割ニコチン依存=禁煙治療の保険適用1割−喫煙者調査(時事通信)
ピレリやアジップのデザイナー、ボブ・ノールダ死去(レスポンス)

小池広報本部長、自民党の新ポスターを自ら監修(スポーツ報知)

 自民党・小池百合子広報本部長(57)は22日、谷垣禎一総裁の新ポスターを発表した。真剣な表情で濃紺スーツをはおる前作は「暗い」(森喜朗元首相)と評判が悪かったため、笑顔バージョンに一新。自らデザインを監修した小池氏は「明るいイメージに工夫しました」と自信を見せた。

 だが、党内の問題は山積。比例代表70歳定年制の適用をめぐる片山虎之助元総務相(74)らベテラン落選組の処遇は、24日の党大会以後に先送り。公認候補の選出も民主党に後れを取っている。

 【関連記事】
小池百合子氏「自民党幹事長なら、即死」と小沢氏批判
小池百合子 谷垣禎一 森喜朗 を調べる

石井桃子回顧展 生涯を資料で紹介 世田谷文学館で2月6日から(産経新聞)
<普天間移設>辺野古の可能性低い 沖縄県知事(毎日新聞)
ひき逃げで米兵起訴=沖縄・読谷村の死亡事故−那覇地検(時事通信)
政権交代で再生可能に=日航更生法申請−菅財務相(時事通信)
女子高生のスカート 電車内で切り逮捕 奈良の会社員(産経新聞)

首相動静(1月22日)(時事通信)

 午前6時15分、公邸発。「石川議員の逮捕について起訴されないことを望むと述べた真意は」に「捜査に対して介入するつもり、意思は全くない」。同17分、官邸着。同18分、執務室へ。同19分、平野博文、松野頼久正副官房長官が入った。同22分、松井孝治官房副長官が加わった。(了)

未納保育料と相殺可能に=子ども手当で市長会決議(時事通信)
<新型インフル>健康成人へのワクチン接種、今月から開始(毎日新聞)
<名古屋市長>給与800万円案、曲げずに議会提出へ(毎日新聞)
公設秘書兼職、民主は78人 首相「議論を」(産経新聞)
小沢氏、土地売買「秘書に報告をしろと言ってない」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。