So-net無料ブログ作成

詩人

詩人(しじん)とは詩を書き、それを発表する者。また、そのことを職業にしている者。後者でも詩作のみで生活している人はほとんどおらず、多くの場合、評論、エッセイ、翻訳、小説、俳句、短歌、歌の作詞など他の分野にも手を染めたり、あるいは(文学と縁遠い)他の職業を持っている。たとえば高村光太郎は彫刻家としても多数の作品を残しているし、草野心平にはバーや居酒屋の経営をしていた時期がある。アルチュール・ランボーは十代に残した業績によって詩人と呼ばれているが、詩作をやめた後は貿易商などさまざまな仕事に捧げた。詩を書く者以外に対しても「詩人」という言葉が使われることがある。『新明解国語辞典』第六版(三省堂)にもそのような広義の意味が書かれているし、三好達治は『詩を読む人のために』の中で「誰かもいったように」と前書きした上で「詩を読み詩を愛する者は既に彼が詩人」であると書いている(ここでは岩波文庫版、p.3から引用した)。歌の歌詞の作者のことは一般に作詞家と呼ばれる。詩人の例叙事詩作者としてホメロス、ダンテなど。漢詩作者として李白、杜甫など。象徴主義の詩人としてフランスではボードレール、ヴェルレーヌ、ランボー、マラルメ、ヴァレリー、他にアイルランドのイェイツ、ドイツのリルケなど。戦後日本の詩人として荒地派の鮎川信夫、田村隆一や金子光晴、吉本隆明、谷川俊太郎など。詳細は詩人一覧を参照。関連項目詩人一覧形而上詩人歌人俳人 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%A9%E4%BA%BA」より作成カテゴリ: 詩人

keitaityottyuneのブログ
w4o2d2kyのブログ
クレジットカード現金化 即日
債務整理・自己破産
競馬情報

「苦しさ体験しないと分からない」…再審決定(読売新聞)

「苦しさ体験しないと分からない」…再審決定(読売新聞)

 長く険しかった道のりに光が差した。

 1967年に茨城県利根町で起きた「布川事件」の再審請求で、最高裁は再審開始を認めた。逮捕から42年。捜査段階では自白に至ったが、その後は29年間の獄中生活も含め、一貫して「無実」を訴えてきた桜井昌司さん(62)と杉山卓男さん(63)は固い握手を交わした。

 15日午後6時。東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見に臨んだ2人は、支援者からの拍手に包まれ、にこやかな表情を見せた。支援者の電話で再審開始の決定を知ったという桜井さんは「実感はまだあまりないが、みなさんのご支援のおかげです」と語り、杉山さんは「勝ったと分かって家の中を歩き回っていたら、妻に『落ち着け』と言われた」と周囲を笑わせた。

 67年10月10日。桜井さんの逮捕容疑は別件の窃盗だったが、すぐに強盗殺人事件での追及が始まった。「兄の家に泊まった」とのアリバイは否定され、「(お前の)母ちゃんも、やったことは仕方がないから素直に話せと言っている」と自白を迫られた。肉親からも疑われていると思い込んだ桜井さんは、逮捕5日後に容疑を認めてしまう。

 「桜井がお前とやったと言っているぞ」

 桜井さんが容疑を認めさせられた翌日、知人を殴った疑いで逮捕された杉山さんは、取調官からこう追及された。身に覚えのない嫌疑に憤り、「俺は分からないから、桜井の言うとおりに書いてくださいよ」と答えた。約50通に上る2人の自白調書が、次々と作られていった。

 会見で桜井さんは虚偽の自白を重ねた心境を、「狭い取調室の中で何を言っても信じてもらえないつらさ。あの苦しさは体験しないと分からない」と振り返る。

 初公判後は「自白を強要された」と訴え続けたが、第1次再審請求まで、ことごとく退けられた。杉山さんは「裁判所なら分かってくれると思っていたのに負け続けた。裁判官は何をやっていたのか。再審公判でそれを聞きたい」と憤った。

アイマラ語で日本のニュースを読む
ao6xabkflfの日記
クレジットカード現金化 比較
ライブチャット
クレジットカード現金化 即日

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。