So-net無料ブログ作成
検索選択

常務就任翌年から随意契約=14年、他社から見積もり取らず−家具厚生年金基金汚職(時事通信)

 東京都家具厚生年金基金の汚職事件で、元常務理事の三枝正久容疑者(69)が、常務に就任した翌年の1996年から贈賄側のビル管理会社「塚田美研」(港区)と随意契約を結んでいたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。
 随意契約の場合、旧厚生省通知は複数の業者から見積もりを取るよう求めていたが、同社以外から見積書を取っておらず、警視庁捜査2課は約14年間にわたって癒着が続いたとみて調べている。 

【関連ニュース
都家具厚生年金基金の元常務逮捕=690万収賄容疑
収賄の元みどり市課長に懲役2年=前橋地裁
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職
元岩出市部長らを再逮捕=公共工事で贈収賄
京都市主任を収賄容疑で逮捕=工事に便宜、業者から20万円

橋下新党 堺市議らに参加を要請(産経新聞)
避妊具自販機投資募る=970人から10億円集金か−岐阜県警(時事通信)
山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か(読売新聞)
<熱気球>渡良瀬バルーンレース開幕 青空にカラフル25機(毎日新聞)
携帯「フィルタリング」利用は5割弱…内閣府(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。