So-net無料ブログ作成
検索選択

国民新党が総務省に通告「参政権法案は厳しい」(産経新聞)

 国民新党の自見庄三郎幹事長は20日午前、党の会合で関係省庁から通常国会に提出予定の法案をヒアリングし、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案の賛否について「国民新党としては厳しい党内情勢だ」と、総務省側に通告した。同党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「帰化の要件を合理的にすべきだ」と、参政権付与に反対している。

 また会合では、夫婦が別の姓でも婚姻関係を保てるとする選択的夫婦別姓制を導入する民法改正案に対しても「不倫を助長する」との異論が出た。

【関連記事】
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」
外国人参政権、谷垣氏も「反対」
【鳩山政権考】どうする地方参政権付与法案 花岡信昭
外国人参政権 性急な提出に強まる疑念
センター試験設問で「外国人参政権容認?」

<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)
<つくば市>市営の施設で消防法違反…20カ所以上(毎日新聞)
当時から居住1割 被災地中3アンケート 語り継ぎ、「学校」多く(産経新聞)
<石川議員逮捕>任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。